副業をするエンジニアに必要なこと

ページ

副業をしているエンジニアは、しばしば理想と現実の違いを見せつけられることがあります。最近では副業をする人が増えていますが、副業の状況と理想にはギャップがあることが多いです。そんなギャップの悩みとしてよくあるのが、時間が足りないと感じてしまったり、忙しさで本業のペースが乱されたりすることでしょう。
しかし、そのような状況のエンジニアでも、理想に近付くための工夫や努力をすることができます。近年では、仕事や勉強の「見える化」をする人が増えつつあるのが実情です。本業と副業の仕事を「見える化」することで、理想的な働き方に一歩近付けます。例えば、本業と副業の1日の作業内容をメモに書き出したり、アプリでタスクを管理したりするといいです。
やることリスト作成や一つ一つのタスクを把握するのは、「見える化」を始める第一歩となります。人によって、仕事の進み具合やタスク管理の方法は異なるでしょう。自分に合っている方法を見つけて、毎日の仕事の進め方やスケジュール管理に無駄や重複がないか確認してみるのです。このような、一見地味な作業を続けていけば、日々の仕事の「見える化」を完成させることができます。
エンジニアが副業をしていると、忙しくて本業の調子が悪くなったり、副業で時間がとられてしまったりしかねません。しかし、この「見える化」で自分の仕事を効率化し、レベルアップを図ることができるため、理想とする働き方と収入アップが実現するでしょう。