エンジニアの副業は本業に活かせる

ページ

エンジニアが副業を行うことで得られる面白さは、新しい技術を経験できるところにあります。本業の仕事をこなしているだけでは、1つの技術しか学べないというエンジニアも多いのが現状です。1つの技術しか学べないのは、企業に勤めている場合の働き方に原因があるといっても過言ではありません。
IT企業の場合、新しい製品を生み出すためにプロジェクトチームを結成します。このプロジェクトチームの一員に任命されると、チーム内で役割分担が行われますが、この際に自分の得意な分野を任されるケースが多いです。どのプロジェクトに参加しても自分の得意な分野しか任されないことが多いので、他の技術に触れる機会が少ない傾向にあります。
このデメリットを解決できるのが副業です。副業では、自分の得意な分野以外の技術に触れられる機会が多くなります。例えば、クラウドソーシングを使って仕事を受注する方法では、普段は使う機会のないプログラミング言語で仕事をこなすケースもあるでしょう。場合によっては最先端の技術に触れられることもあるため、副業はエンジニアとしての幅を広げるには最適なのです。
副業の内容に制限はありません。そのため、IT業界以外の仕事を知ることもできます。別の業界での仕事を経験することで、新しい技術を生み出すヒントを得られるという部分も副業の面白い要素でしょう。また、副業を行うことで新しい出会いがあるため、将来的にフリーランスとして働くための人脈作りにも繋がります。